メラニン色素を減らす方法

日焼けしなければ良いのだが

メラニン色素というとシミの原因の
悪い奴というイメージではないですか?

しかしメラニン色素は体を紫外線から守る大切な働きをしています。
もしメラニン色素がなかったら、ちょっと外に出て
紫外線を浴びるだけで炎症を起こしたりします。
ひどい時にはDNAを破壊されて、皮膚がんになってしまうこともあります。



それでもやっぱりシミって嫌なものですよね。
なるべくならメラニン色素を増やしたくないという人が多いはず。

そのためには日焼けをしないことが大前提です。
紫外線に当たらなければメラノサイトが活性化せず
(メラノサイト=メラニン色素を作る細胞)
肌が黒くなるのを防ぐことができますから。

とはいえ、外で活動する人にそれは難しい話。
となればメラニン色素(というかシミの原因)を
抑制する必要がある
んですが、それはそんなに難しくありません。

予防ならそれほど難しくない

メラノサイトではいきなりメラニン色素ができるわけではありません。

メラノサイトでまず作られるのはチロシンという酵素です。
それがチロシナーゼという酵素により
ドーパ→ドーパキノン→メラニン色素へと変貌します。
(右に行くほど色が黒くなる)

なのでメラノサイトにチロシンを作らせない、
…つまりチロシナーゼ自体の活動を抑制すれば
シミの予防にかなりの効果が期待出来ます。



チロシナーゼを抑制できる成分として有名なのは
アルブチンやプラセンタエキス、ビタミンC誘導体などがあります。

これらは医薬部外品とされている美白化粧品なら
たいていは配合されていますので、それらを含み
かつ肌に刺激のないものを選べば良いと思います。

できてしまったシミは…

ただ、それらの美白化粧品にはハイドロキノンが入っていません。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われる成分で、
できてしまったシミにも効果があるのはこれだけ



ただ、効果が強すぎ副作用もあるので扱いが難しく
(カネボウの化粧品で話題になったアレです。)
普通に使うと危険なので美白化粧品には入っていないんです。

このハイドロキノンを安全に使うためには
「肌の奥まで浸透させる&変質させない」技術が必要です。

そのために皮下麻酔の技術を応用して
ドクターシーラボがハイドロキノンの化粧品を出しました。



簡単に言うと極小のカプセルにハイドロキノンを包んで
肌の奥で爆発させるという画期的な技術なんですが、
初期の技術なのでカプセルの破損率が高く・・・
肌が弱い人には相性が良くなかったようです。
(+容器が簡易のため、すぐ変質してしまった)



ですが、その技術を応用したビーグレン
肌への安全第一で作られたアンプルールなら
肌荒れすることなく使うことができます。

レーザーと違い効果が出るまで時間がかかりますが、
(約3ヶ月〜半年)自宅で安全に染み抜きできるのは理想的です。

 

サイトマップ